ステージ3

3-1 かざんちたい

概要

「火山地帯」。

このステージではザコがゲルニュート(仮面ライダー龍騎)と白ワーム(仮面ライダーカブト)に変化、さらに一般怪人クラスにカメバズーカ(仮面ライダーV3、レッツゴー!仮面ライダー)が登場。

ステージ障害物として火山弾が隕石のように落ちてくる。

攻略

ゲルニュートのジャンプパンチ攻撃はこちらがジャンプ中に命中する時があってジャンプ技が中断されることがたまにある。
そして遠距離攻撃としてどでかい手裏剣攻撃を放ってくる、これもまた地味に厄介。

ワームサナギ態は突進攻撃は「ブレイク性能」。こちらがスーパーアーマーとなる技を使っても命中すれば景気良く吹き飛ばされる。

カメバズーカは大砲攻撃が強力でなかなか頑丈。どのステージでも難易度が高い程面倒な相手である。

斜め上から火山弾が落ちてくるステージで命中するとダメージ、影を見て上手くよけよう。

上記の通りカメバズーカが出るからV3でクリアするのだろうか?


ミッション

V3をプレイヤーにしてクリアする。
V3自体は使いやすいので、むしろ悪くない条件だ。

3-2 ほのおのロード

概要

「炎のロード」。
1-3「疾走地下通路」と同じくランニングステージ。火山弾が振ってくる中、足場を飛び移ってゴールを目指す。
火山弾に当たるとダメージ。また、落下死の危険がある唯一のステージで、マグマに落ちると即死。
道中にはコインも落ちているので、慣れれば絶好の稼ぎステージと化す。

攻略

 火山弾は画面左半分あたりに落ちるため、画面中央から右側を意識して移動しよう。
クリアするだけならコインは無視し、確実に飛び移っていくこと。
スカイやアマゾンの空中移動があれば、かなり楽になる。
また、この後の「灼熱」でバースが使えるようになるので、慣れてきたらバースで高難易度にしてプレイすれば、かなりの数のコインを稼げる。

ミッション

555をプレイヤーにしてクリア。
なぜ555なのだろうか?取りあえずクリアに有利になるアビリティではないのが泣き所。

3-3 しゃくねつ

概要

「灼熱」
敵はゲルニュート、モールイマジン(電王シリーズ、レッツゴー!仮面ライダー)、ワームサナギ態(白)、カメバズーカと、幅広く現れる。

最後には中ボスの十面鬼ユム・キムル(仮面ライダーディケイド、レッツゴー!仮面ライダー)が現れる。

攻略

先が長いステージ。障害物に穴から火柱が一定のリズムで立ち上る、当たると打ち上げられつつダメージ。
アイテムは細長い岩。

雑魚敵は火柱に気をつけつつ倒そう。

ステージの最後、火柱が道を作るように別れているその先に十面鬼ユム・キムルが現れる。
ダウンを奪われる強い打撃と、遠距離と近距離の衝撃波攻撃を使ってくる。
ストロンガーのエレクトロファイヤーのような形の遠距離衝撃波は技のスピードが早く、射程に入ると避けるのは難しい。
中々怯まないタイプの敵なのでごり押し戦法やスライディングなど、不用意に近づくと近距離衝撃波の餌食となってしまう。

距離を取りつつ遠距離攻撃、属性攻撃がいいだろう。
属性攻撃でたまにひるむことがあるのだ。


ミッション

ディケイドの必殺技で敵を8体以上倒してクリアする。
初回プレイにて、プレーヤーをディケイドに交代するケースを想定したものと思われる。
一度クリアして、ディケイドをプレーヤーにして最初からやれば楽にお釣りが来る。


3-4 ごうかのしれん

概要

「業火の試練」。

アイテムが置かれていないステージ。

戦闘は3回、1回目は2戦、2回目は3戦、最後は1戦である。
敵はゲルニュート、モールイマジン、ワームサナギ態(白)とカメバズーカ。

攻略

戦闘は3回、1回目は2戦、2回目は3戦、最後は1戦である。
敵はゲルニュート、モールイマジン、ワームサナギ態(白)とカメバズーカ。

このステージも穴から立ち上る火柱に注意しよう。

ミッション

使用制限、ライフチャージ1個まで。

3-ボス たいようのさばき

概要

「太陽の裁き」。

マグマがたぎる火山内部でアポロガイスト(「仮面ライダーX」、「仮面ライダーディケイド」、「レッツゴー仮面ライダー」)がゲルニュート4体を率いて登場。

姿はディケイドの初期の姿。本作のアポロガイスト自体も見たところディケイド側の設定も入っている(「GOD秘密警察第1室長」の設定は原典のXでもおなじみ)。
技を使うとき技名を呼称するところは昭和チック、昭和(X)と平成(ディケイド)の設定がいい感じに合わさっている。

会話に変化が出るライダーはX。
それ以外では彼の肩書きの中に含まれる「警察」という言葉にやたら反応を示す一部の平成ライダー。

「迷惑」という台詞が全く無い!?

攻略

高難易度になるほど周りの雑魚(ゲルニュート4体)がうっとうしいので先に倒しておこう。

アポロガイスト(以下、「ガイ」)の攻撃方法はサーベル、銃撃「マグナムショット」(ファンは見てわかるように、アポロマグナムではない。)、ガイストカッターによる2パターンの攻撃。

サーベルはこちらが近くに居る時に一度強く振ってくる

ガイストカッターの攻撃は上記の通り、2パターン。
1つは電王の「エクストリ-ムスラッシュ」のようなブーメラン攻撃。
こちらが正面から不用意に近づくと、敵が突然投げてきて、吹き飛ばされるという返り討ちに合うことも。
もう1つはガイストカッターがガイの周囲を一定時間飛び回る。
この間、前方のカッターの軌道とガイの間に1キャラ分のスペースがあり、そこに入り込んでアポロガイストに連撃を叩き込むことも可能。(技の性質などで前方に進み過ぎないように注意。ガイの後方のカッターに巻き込まれてしまう。)
ただし、この技発動中のガイはスーパーアーマー状態であり、攻撃を与えても怯むことは無い。

銃撃もまた敵の攻撃としては思ったより厄介。
「銃が出して構える」という予備動作があるものの、気づいた頃にはすでに発射されていてパートナーか自分がダメージを受けているパターン。
射程距離は無制限と見える。

ミッション

Xの超必殺技で倒す。
ゲージ満タンは基本、ロングポール連発で雑魚を一掃しやすい。

3-5 せいえいぶたい

概要

精鋭部隊。

攻略

ザコはショッカー戦闘員のみというステージ。
最後にヒルカメレオンが登場するも問題ない。
彼がゲルショッカー戦闘員を率いないのは「レッツゴー」準拠か?

ミッション

ライフチャージを一個以下しか使わずクリアする。


3-6 スピードラブ

概要

カブトの映画を思わせるタイトルだが……。

攻略

怪人としてジャガーマン、カメバズーカが控える普通のステージ。

ミッション

ライフチャージを一個以下しか使わずクリアする。

  • 最終更新:2011-09-18 00:52:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード